宴会に最適な屋形船!魅力について紹介します!

屋形船は地上とは違う景色が見えて綺麗!

屋形船は、東京の伝統的な乗り物であり、今でも乗ることができます。東京に旅行に行ったら、東京湾や隅田川などを見ると屋形船が浮かんでいる光景を見ることができます。実際に屋形船に乗ってみると、地上からはまず見ることができない景色を見ることができます。夜に乗ることが多いのですが、晴れていたら夜景を楽しむことができますよ。上から見る夜景も良いですが、下から見る夜景もまた違ったものであり、一度は乗ってみたいものですね。

屋形船は宴会を開ける広さを完備!

屋形船は、外観は非常に狭く感じますよね。乗ることができてもせいぜい十人ほどであり、こじんまりしていると思われがちなのですが、そういったことはありません。最大でも三十人は入ることができるスペースを完備しているために、宴会を開くことができますよ。普通の居酒屋などで宴会を開くのも確かにいいのですが、特別な日などには、やはり屋形船を利用するとよいでしょう。海や川の上で行う宴会は、他と違った魅力がありますよ。

屋形船に乗るにはどうすれば良いか!

屋形船で宴会を開くとなった場合には、予約しなければならないのですが、最近ではネットで予約することができるようになりましたよ。出航する時間も含めて用途と一緒に伝えます。ある程度予定が決まったら、あとは宴会を待つだけです。宴会をするときには、屋形船を貸切にしなければならないために、注意が必要ですよ。普通に利用する場合には、ただ予約しておけば良いのですが、トラブルを避けるためにも人数をはっきり言っておきましょう。

屋形船(やかたぶね)とは、船上に家の形を設けた和船の一種です。20~100名程度を収容できる座敷を備えており、主に船上で宴会や食事をして楽しむために使用されます。