壁面緑化ってことばが聞かれますがご存知ですか?

地球温暖化で我々の生活も変化しつつあります

最近言われているのが地球温暖化で、東京もゆくゆくは亜熱帯化してくるという予測が何年も前にされていました。予測通りというか毎年夏場は高温になり、梅雨場から秋口に至るまで4万人以上の人々が熱中症で倒れ、病院に搬送されたり死亡する人々も出ています。独居老人とか劣悪な住環境に住まう人も多いとは思われますが、何とかこのような事態は避けたいものです。そこで空調費用にもかかわるということである意味注目されているのがグリーン・カーテン、つまり壁面緑化の方法です。

壁面緑化はこの時代には省エネに結びつくものです

住宅や学校においても夏場の暑さ対策は日よけのカーテンやすだれ、うちわや扇風機といった場合も多いものです。しかし高齢化してくるとエアコンを付けなければ快適な生活をするにも無理があります。これを使い過ぎると体には調整機能が効かなくなって良くないとも言われています。洞窟の中は年間を通じてに温度変化が少なく、古代から住んできた形跡が見られます。壁面緑化はいわば機械を使わずに自然を利用して涼を取る方法で省エネの見地からも望ましい方法とされています。

壁面緑化の効果としては

最近では学校で1階の地面から上階に向けて骨組みを作り、そこに朝顔やゴーヤのような植物を這わせて窓や壁面を覆うような方法がとられる場面が見られ、同時に野菜の収穫も出来ます。遮光の効果もあり喫茶店など壁が見えないぐらいに緑に覆われている場面も見られます。確かに植物の葉は熱分を吸収して室内をその分温度を下げ、二酸化炭素を吸収して酸素も出すので健康的にも優れています。又、都会で路面から太陽光線の照り返しを受けて温度上昇が生じるヒートアイランド現象も緩和するとされています。

壁面緑化は建物の断熱性を向上させる効果があるため、住宅に用いることで光熱費を節約できるメリットがあります。その一方で植物が枯れないように日頃から適切な方法で水や肥料を与えることが大切です。